個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-07-18 (Mon)
まだシンフォニアには全然入れないのですが
絶版になっている三声の本を図書館で借りました。
まぁなにがなにやらわからない難しい本なのですが
勉強になると思って・・・

絶版になっているのでコピーして
後でじっくりみようと思っていたんです。
で、でも
もう期限が切れてしまって催促の電話がきてしまったので
今日返しに行かないといけないのです(汗)
287ページをこれからコピーするのは面倒なので
このまま返却する運びとなりました(涙)

みなさま興味があれば是非、復刊ドットコムに投票してみてください。
現在68票です。よろしくお願いします。

ちなみに二声対位法は入手できます。
二声対位法二声対位法
池内 友次郎

音楽之友社


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪



スポンサーサイト
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

* by しん
こんなのがあるんですね!!
3~8声って笑

8声って!!!

でも、考えても分からないことが沢山あるので、そういう本があると、すごく助けになりそうです

しんさんへ * by のん。
内容はよくわからなかったんですけど、序盤のまとめみたいのがよかったです。
絶版って言葉に弱くて(笑)

* by 私はタワシ
8声!!考えただけで頭くらくらしますね。
2声出さえ苦労している私には完全に別の世界・・・
 
復刊ドットコムって、名前は聞いたことがありましたがなるほどこんなのですね。
何票以上入れば復刊してくれるという決まりなどはあるのでしょうか?

タワシさんへ * by のん
こんばんはー

>8声!!考えただけで頭くらくらしますね。

ですよねー
もちろんそのあたりはまったくもって見ていないです(笑)

>何票以上入れば復刊してくれるという決まりなどはあるのでしょうか?

100票いくと、復刊交渉をしてくれるみたいですよー
登録しないと投票できなかった気がするので
もし絶版になってて欲しい本があるなら
登録してバンバン投票してみてくださいね。
私は結構投票していて復刊になった本もあります^^

* by みー
のんさん、こんばんわ。

こんな本があったんですね。ご紹介ありがとうございました。理解できるかどうかは別にして、凄く興味があります。早く復刊されるとよいですね。

みーさんへ * by のん
こんばんはー

あたしも内容的には何がなにやらわからないのですが(汗)
復刊されるといいですよね^^
みーさん、投票してくださったんですか?
ありがとうございます♪

個別記事の管理2010-05-09 (Sun)
のんさんピアノも持ってないくせに何言ってるの?
と思われると思いますが・・・
これ買いました♪

ピアノ・マニュアル 日本版 (単行本)ピアノ・マニュアル 日本版

ヤマハミュージックメディア


よくアクションのイラストとか本に載っているけど
なんだか小さくてわかりづらいじゃないですか
この本にはアクションの動作が写真で
何コマか載っています。(感動!)


新品、中古ピアノを買う時のチェックリストや
自分のピアノの調律方法なんかも載ってるんですよー
(調律はプロの方にお願いした方がいいと思いますけど)
まさにピアノマニュアルってタイトルがふさわしいですね。

ピアノを持っている方は自分のピアノを知るために
ピアノを持っていない方は妄想用に(笑)
必要かと・・・

目次載せておきますね↓

【パート1:ピアノを選ぶ】
・ピアノの発達史
・ピアノの構造
・ピアノを選ぶ
・新品ピアノの購入
・中古ピアノの購入

【パート2:ピアノの手入れ】
・簡単なケアとメンテナンス
・中程度の修理とメンテナンス
・高度な修理とメンテナンス
・グランドピアノのメンテナンス
・自分のピアノのメンテナンス

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-18 (Sun)
なぜ親指に力が入ってしまうのか?
なぜ手首に力が入ってしまうのか?
と日々悩んでいます。

まず体の構造を知ろうと思って
この本を借りてきました。
読みでがあるので返却期間まで
読み終わりそうにありません。。。
買ったほうがいいかもしれません。

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のことピアニストならだれでも
知っておきたい「からだ」のこと

小野 ひとみ


腕と手だけではなく体全体の骨、関節について
どうイメージして動かせば
体に無理がかからないかなど書かれています。


もちろん一番気になる箇所は腕と手です。
驚いたのが「32個の腕の骨は24個の
手・指の関節とつながっています。」
って手だけで骨ってそんなにあるんですね

手首を硬くする原因はこれだったのか?
っていう箇所は

「手首は(手関節)はそこから動きが起こる起点なのだから
静止しているはずだとイメージしてしまうと、
手首を静止させるために腕の筋肉に力が入ってしまう。
筋感覚を養うためには「関節をイメージする」ことを
習慣づけると良いでしょう。」

特にそんなイメージはしたことないつもりですけど
どこを動かすとどう関節が動くかというのを
意識した方がいいのかもしれませんね。
逆に意識しすぎてカクカクしてしまうかもしれませんが・・・

手首を脱力してと言われても方法が良くわからず
うまくいかないのですが
体のしくみを知ってちょっとずつ
力が抜けて、でもしっかり弾けるように
なればいいな~と思います。
がばんばろう♪


Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-04 (Sun)
ピアニストという蛮族がいるピアニストという蛮族がいる

中央公論新社



出版社が変わって再販になったようです。
普段知らないピアニスト達の世界が
爽快な語り口で書かれていて楽しかったです。

主要なピアニストは、
ホロヴィッツ、ラフマニノフ、バッハ
幸田延、久野久、パデレフスキー
アイリーン・ジョイス、ミケランジェリ

日本人女性の久野久は悲しい最後でした。
でも一番この本で印象に残ったのは
特に章も設けられていないホロヴィッツの章の一文です。

「・・・あの名うてのプレーボーイだった
ルービンジュタイン・・・」

ええ~! どうみても人のいいおじさんにしか
見えないルービンシュタインがプレーボーイ!?
ショパンなんか弾いちゃったりして
女性達を口説いてたんですかね?
人は見かけによらないですね~

この衝撃が最後まで頭から離れませんでした・・・


ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

FC2


Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

ルービンシュタインの伝記 * by yoshimi
この本、いつの間にか文庫版になっていたのですね。
単行本出版時にすぐ買って読みましたが、随分昔の本でも記憶に残っている話がいろいろある本でした。久野久のことは、この本に載っていたので有名になったはずです。

ルービンシュタインに恋愛沙汰が多かったのは有名ですね。
ルービンシュタインの面白いエピソードが載っているのは、村上春樹の『意味がなけれがスイングはない』。
ルドルフ・ゼルキンとルービンシュタインという正反対なタイプの2人について、伝記風にコンパクトにまとめた章があります。ゼルキンの録音を収集し始めたのはこの本のおかげなので、忘れがたい本です。

yoshimi さんへ * by のん
>ルービンシュタインに恋愛沙汰が多かったのは有名ですね。
そうなんですか~なんかショックですね。
伝記を読んだら更にイメージダウンしそうですね^^;
(勝手な思い込みですけど)

ルドルフ・ゼルキンは聴いたことがないので
youtubeで聴いてみます。
作曲家の伝記は結構ありますが
ピアニストの伝記ももっとあればいいですね。
やっぱり無くなってから何年もしないと書かれないんでしょうか・・・

* by アリア
ルービンシュタインは、コンサートの時は
客席にいる一番美しい女性に向けて弾いてたんだとか…
他にも色んな話を聞きましたよ。
でもCDのジャケットとかに使われてるのって
大抵、ある程度年いってからの写真ですものね。
結婚するまでは相当遊んでいたようですが
私も正直あんまり想像がつきません~。
人のいいおじさんのイメージですよね。やっぱり。(笑)

アリア さんへ * by のん
もう~
人は見かけで判断しちゃいけないっていう典型ですね。
ルービンシュタインに遊ばれた人がいっぱいいるのかしら
ああっ考えたくない・・・
特に男性として好みってわけじゃないけど
David frayが既に結婚してたことよりも
あまりのギャップに衝撃が大きかったです(笑)
これからは伝記系を読むときは
先入観を持たないように注意したいと思います。

個別記事の管理2010-02-22 (Mon)
バッハ・インヴェンションとシンフォニーアバッハ・インヴェンションとシンフォニーア
解釈と演奏法

音楽之友社


先日「バッハ 演奏法と解釈」買いました。
研究結果というかバッハ全体のポイント解説なので
これはこれで勉強にはなるのだけれど
直近では必要ないという感じでした。
そこで丁度アリアさんが紹介していた本を購入。
これはまさに直近で必要な本です!!
高いけど一生お付き合いできる本だと思います。

インベンションとシンフォニア全曲の構成と解説が載っています。
1曲につき、10ページほどの解説で
和音と調の知識があればもっと理解できるのだろうけど
楽典辞典を見ながら見ています。
構成とかメモを楽譜に書きたいところですが
きたなくなるのでもう1冊違う版の楽譜を買って書き込み用にします。

新しい先生の体験レッスンの時に少し話してくれた
インベンションの解説がこの本にも書かれていました。
何度も読んで不明な箇所は先生にレクチャーしてもらうことにします。

こういう構成とかは、音大行った方は授業で習うことなんでしょうね。
趣味でピアノを習っている人は独学で習得することなのかな。
あまりがちがちに理論ばかり追ってもしょうがないですけど
理解して弾けるようになればもっと楽しくなる気がするので
少しずつ読み解いていこと思います。


Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by アリア
のんさん、こんにちは。^^
レッスンの時にもちょこちょこ教えてもらえても
やっぱり体系的に習うなら音大なんでしょうね、きっと。
こういうの読んでたら、それだけで音大に行きたくなっちゃいませんか~?
この本をみっちり勉強していったら
そのうち自分でも分析できるようになるんでしょうか…
できるようになるといいですよねえ。(願望)
それを目標に頑張りたいと思います。

違う楽譜に書き込みするの、いいですね。
私もレッスンで使う楽譜には書きにくいなあと思ってたんです。
でも書かないと覚えないし。
新しいの買って来ようっと!

* by のん
アリアさん、こんばんは~
そうですね。音大に行ってみっちり習いたいですよね。
せめて理論だけでもオープンカレッジのクラスとかあれば
大人の趣味の人たちが通えるのに・・・

アリアさんをどの楽譜にしましたか?
私は悩んだあげく、市田版にしました。すでに楽譜に(少しだけど)解釈がほどこされているんですよ。解説は私たちのテキストとかぶる部分も多いのですが、テキストとセットってことで便利かと・・・

まだ解説を理解するのに時間がかかりそうですが、一緒にがんばって行きましょう♪

個別記事の管理2010-01-11 (Mon)
フーガ (文庫クセジュ 674)フーガ (文庫クセジュ 674)
余田 安広

白水社 1986-03-05

バッハ好きは読んでおかなくては!!と意気込んで購入しました。
新書でもしっかりとした内容でわかりやく書かれています。
対位法は大きく3つに分かれていて、綿密に作曲されいるんですね。
分類をメモリました↓
次は文庫クセジュの「和声の歴史」を読む予定です。
その前に「わかりやすい楽典」も読まないと・・・

■ もくじ
第1章 対位法
第2章 フーガ以前のフーガ
第3章 J.Sバッハ フーガ技巧
第4章 J.Sバッハ以後
第5章 フーガの諸相

【対位法】
(A)単純対位法
さまざまな旋律が、1種類の声部配置のみで演奏されるために
そなわっている。

(B)転回可能対位法
旋律がいくつかのことなる声部配置で演奏されるためにそなわっている。
そこでは、声部間に旋律の交換があるといっている。

(C)模倣対位法
はじめに声部にあらわれた旋律が、続いて第2の声部に(模倣されて)
繰り返され、ときには第3声部へ、さらに他声部へと繰り返される。
模倣は、単純対位法や転回対位法でも書かれうる。

・ストレット 先行句の終わる前に、追行句が始まる方式。
・カノン 連続し、接近する模倣で二つの音句(先行句、追行句)
     重ねられるものを言いあらわす楽語である。

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

* by 四季
のんさん、こんにちは~。
私も丁度対位法について勉強したいと思ってたので
この本、買ってきてしまいました!
一緒に「和声の歴史」も。
なんだか難しそうでドキドキしますが、大丈夫でしょうか…
でもいい機会だし、時間をかけてゆっくり読んでみます。
ありがとうございます♪

* by のん
四季さん、こんにちは~
2冊購入したんですね♪
私は「そうなんだ~っ」て程度の理解度(低)でした(汗)
最初はさらっと読んで何度が読めば理解度が上がればいいなと思いつつ
まだ楽典も読んでいないのですが・・・
色々分かれば、さらにピアノを弾くのも楽しくなりそうですよねi-175

ご訪問ありがとうございました * by zoli
のんさん

こんにちは、ご訪問&コメントありがとうございました。

こんな本が出版されていたんですね。
バッハについては色々知りたいと思っていたので、
読んでみたいと思いました。
でも、難しそうですね。

コメントありがとうございました。 * by のん
zoliさん、こんにちは~
こちらこそご訪問ありがとうございました。
「フーガ」は新書なので手に負担がかからなくて良いですよ^^;
小難しいけど、ぜひぜひ読んでみてください♪
また遊びに行きますね。これからもよろしくです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。