個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-10-24 (Sun)
なにひとつ○をもらえなかったんですけど
ハノンは#のスケール最後で
バーナムも最後だから
なかなか○がもらえないのかな・・・

片手づつだと間違えないけど
両手だと間違えるのに、いい練習方法ないですか?
って先生に質問してみました。

もちろん運指のこともあるのですが
まず、
楽譜をみる→脳で認識される
→脳から弾くことを命令する
→弾く→出た音を耳で聞く
→音がいい音なのかどうなのか脳で認識する
というこの一連の流れが速くなると
音楽的にも弾けるようになる

あと目の前の音だけじゃなくて
次の音を頭に用意しておく

あたし怪しいところは
いつも自分ペースになるので
間が空いちゃったりしちゃうんですよね~
スケールのカデンツも間が空いちゃうので
間が空く(跳躍がある)前の箇所から練習するといいですよ
って教わりました。
流れがとまらないような練習もしないとですね

インベンション講座の録音から書き起こした
記事を誤って削除してしまいました
また時間があるときにせっせと書き起こしたいと思います・・・

■ハノン:スケール ホ長調、嬰ハ短調、ロ長調と嬰ト短調
テンポをあげる

■バーナムピアノテクニック2:グループ5

■バッハ:インベンション9
左右テーマだけで練習してみる
左右のテーマは同じように粒がそろうように

■ベートーベン :ソナタ Op.49-1
オクターブ連打の運指の箇所がもたつくので
みてもらったら
全部1,5にしてもいいってことになりました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪


スポンサーサイト
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

インベンションの9番 * by sa8xn
のんさん、こんばんは。インベンションの9番、装飾音符があったり、臨時記号が多かったりで、自分が練習した時は、楽譜がなかなか頭に入りませんでした。
(臨時記号の♪に色を塗ったり、装飾音符の進行を鉛筆で書いたりしたので、楽譜は書き込みだらけです。)

お仕事が忙しいと大変かもしれませんが、頑張って下さい。最近、急に寒くなりましたので、風邪などひかないように・・。

sa8xnさんへ * by のん
励ましありがとうございます♪
最近仕事が忙しいのであまり練習できていないのですが
もう少ししたら仕事が落ち着きそうなので
また練習に励もうと思います^^

片手から両手に移るとき * by tae
のんさんこんにちは~。
片手ずつでの練習をしっかりやってらっしゃるんですね。それはとても重要だと私もわかっているのですが、曲によっては面倒くさくてほぼ片手練習をすっ飛ばしてしまうこともあります。。。バッハは特に片手ずつやるべきなんですよね~。
ところで、片手練習から両手練習へ移るときについてですが、私はいつも、ありえないくらいゆっくりから始めます。
弾けなければ、弾けるまでテンポを落とします。とにかく正しい音を指と頭に叩き込むつもりで。
それから少しづつ早くします。今弾け始めたテンポをノートか何かに書いておくと、「よし、次はこのテンポで弾けるようになるまで頑張ろう」という良い目標にもなります。
ゆっくりとある程度回数をこなすと、ある時点からかなり楽に弾けるようになると思います。そうなるとスピードを上げるのも楽になるし、余裕を持って音楽に表情をつけることも出来るようになると思います。
私のやり方がのんさんに合うかどうかはわかりませんが、ご参考にして下さい♪

taeさんへ * by のん
taeさん、こんにちは

アドバイスありがとうございます♪
ゆっくり練習はやってるんですよー
でも「ある程度数回こなす」ってことは、いまいちかも(汗)
ゆっくり弾くとミスがないのに
インテンポになると途端にミスタッチが多いってことは
まだまだ練習が足りないってことですよね?
もうすこしねばり強く「ゆっくりをある程度数回こなす」
をがんばってみますね^^


個別記事の管理2010-10-17 (Sun)
そういえば、以前「合格記念録音」をしてから
録音して「自己を知る」っていうことをさぼっていました
ベトソナなんて結構長いのに一度も録音してなかったし

なので金曜日にスタジオで録音してきました。
ベトソナは、先生が「弱い」って言っていた意味がわかりました。
左がやかましすぎるので、右が余計弱く聞こえるんですね。

それにしても和音は汚いし、やかましいし
ミスタッチ多すぎでした(涙)
和音を小さく弾くとバラッとしちゃうし
はっきりひくとやかましいし、加減がむずかしいです。
ザンザン弾かないやさしい和音の練習をしてみます。

あと、前回録音したときボリュームが小さかったので
違う方法を試してみました。

①マイクを「H」にして遠くに置く。
  →音が割れる。

②マイクを「L」にして、ピアノに入れてる。
  →ボリュームも大きくなって音が割れない。

これから②のglennmieさんに教わった「ピアノに入れる方式」
で録音をしていこうと思います。
glennmieさん、アドバイスありがとうございました


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

録音 * by tae
私も中学生の時に一度学校のグランドピアノで録音をしてもらった事があるのですが、その時は先生がマイクをピアノの中に2本たてていました。音も割れる事なく綺麗に取れていたと思います。(ただしテープでもらったので今はどこへやら。。。)
電子ピアノの録音機能を使うとどうしてもフォルテが割れてしまい、またパソコンの内蔵マイクも1音1音が途切れて聞こえるなど、私も録音は苦労していました。今はiPhoneのマイクでとっているのですが、そのうちもっとましな録音機材を買いたいところです。
のんさんはどのような機材で録音されているんですか?

taeさんへ * by のん
taeさん、こんばんは
ピアノの中に入れるのが一番いんですね^^

うちのデジピの録音機能は2回しか録音できないし
音源を取り出しできないので、
レコーダーと三脚を買いました。
動画も取れるのですがまだ一度も使ったことがありません(笑)
三脚がとっても便利なんですよ~
「mono」カテゴリで紹介しているのでみてみてくださいね♪



個別記事の管理2010-10-16 (Sat)
前回の続きです。
なかなか時間がなくて、全部を書き留めることができません。
なので、あと2回ぐらい続きます


インベンションとシンフォニア講座1
インベンションとシンフォニア講座2

********************************************************

3.アーティキュレーション

・どこまでがひとつの言葉になっているのか?
表情はどういう風につけているのか?
モチーフ(音型)をみたり、
モチーフの始まりの形をみたりすることによって想像する

・切る、切らない問題
4分音符、8分音符

順次進行(ドレミファソ・・・)
→基本切らない

跳躍する場合(ドミ・・・)
→基本切る

原則は全部ではなくて、曲想によるので、
音が離れていてもレガートで弾きたいときはつなげる場合もある

4.装飾音

トリラー→上から弾く(最近は前の音が同音でも上から弾くと言われている)
モルデント→その音から下に
ひげがあるの→下にあれば下から、上にあれば上から

4分音符に装飾音がついているときはずーっと長く弾き
最後に高打音をつける

装飾だから汚い音になる場合は、つけなくても全然かまわない
数が拍と合うこと。拍と頭が合うこと。

・調は、臨時記号としてその場所の調を考えてつけるか
つけないか考える

5.ペダル 
チェンバロにはペダルがないので基本的には無しです。

2声の場合はなくてもかまわないが、
3声になると結構くるしくなってくるので、補助的に1音単位で踏む
けして長いペダルは踏まないこと


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 講座
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-10-12 (Tue)
昨日はレッスンでした。
なんとか暗譜で、インベンション8に○をもらいました
でも~他のは何ひとつ○をもらえなかったの

昨日ベトソナが結構いい感じでてきてたんだけど
今朝スタジオで弾いたらなんだか
楽譜読めなーい!現象になってって、ぐだぐだでした
疲れちゃったんですかね~

先生に音楽用語辞典で調べるのもいいけど
イタリア語辞典で調べるといいですよー
って言われたので、早速帰りに本屋によったら
イタリア語辞典って、驚くほど少ないんですね。
っていうか、ほとんど種類がないんです。
会話本とかは結構あるんですが・・・

これ小さいから買おうと思ったんですけど
発音記号とかないから読み方がわからないんですよー
ポケットプログレッシブ伊和・和伊辞典

それでフラフラ音楽コーナーに行って音楽辞典を見ていたら
「リズムと拍節/ペーターベナリー」という
タイムリーな題名の本をみつけたので、こっちを買っちゃいました


■ハノン:スケール ホ長調、嬰ハ短調、ロ長調と嬰ト短調
→あと1回やりましょう。
って毎回言われている気がする

■バーナムピアノテクニック2:グループ5
これもあと1回やりましょうと言われた(汗)

■バッハ:インベンション8
→強拍、弱拍を常に意識して!
なんとか合格
意識的に強い、弱い、強い、弱いっていう練習をしようと思う
あとメトロノームもつけよう。

■ベートーベン :ソナタ Op.49-1
→全体的に弱いので、もう少し強く弾きましょう
あとは、演奏記号を意識して弾くこと

今更ながら調べました↓
marcato :marcare の過去分詞。
     マルカート、はっきりと。音を伸ばさず一音一音に強調して。

smorzando :ズモルツァンド 弱くしながらだんだん遅く


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

はじめまして * by tae
こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。
バッハがお好きのようですね。私も吹奏楽部時代にトッカータとフーガ2短調(「たりらーん 鼻から牛乳~」って知ってます?・・・汗)をやってからバッハが大好きなので、思わず書き込みをさせていただきました。バッハはピアノではいつも大変な思いをしています。でもいろんな人がそれぞれ違った弾き方をされている通り、こうでないと駄目という決まりもないし、だからこそ新しい発見が多くて遣り甲斐もありますよね。
ちなみに私も現在電子ピアノで練習しているのですが、のんさんはスタジオにも練習に行かれたりしているんですね。そういう場所が近くにあって羨ましいです(><)
これからもお互い頑張りましょう。

taeさんへ * by のん
はじめまして。コメントありがとうございます♪

バッハ大好きなんて、お仲間ができてうれしいです。
しかも今イタリアンコンチェルトを弾いているんですね^^
あーでもない、こーでもないって苦労しながら
弾いているのが余計はまるのかなって最近思います。。。

>ちなみに私も現在電子ピアノで練習しているのですが、のんさんはスタジオにも練習に行かれたりしているんですね。そういう場所が近くにあって羨ましいです(><)
でもスタジオ代を安くあげる為に、当日予約をするので
いい時間がとれなかったりするんですよ><
taeさんは、改装が終わったらピアノを買うのですか?
そしたらピアノを買うときの極意とかレポしてくださいね♪

>これからもお互い頑張りましょう。
はーい!これかもよろしくお願いします。

* by NY
こんばんは。
インヴェンション8番、あっという間の合格ですね。日ごろの練習の賜物でしょうか。私も見習わなくてっは!

NYさんへ * by のん
こんばんはー
こればっかり練習したから、よかったのかも^^
でも他の曲は全然ダメな感じです。
やっぱり偏っちゃいますね(汗)

イタリア語の辞書って * by アリア
もしかしたら発音記号は載ってないのかも…
私のも載ってないです。
ものすごく規則的なので、慣れれば読めるんですよ。

まずローマ字読みをするんです。
大体1つの子音に母音が1つついてるので大丈夫。
まあ例外もあるんですが…
「s」や「r」一個だけで母音がない時は「ス」「ル」(ウ段)
「ss」みたいに子音が重なってれば「ッス」みたいに詰まるし
「n」は「ン」。
で、最後から2つ目の母音にアクセントです。

「marcato」の場合は
「r」が「ル」になって、そのままだと「マルカト」ですが
最後から2つ目の母音にアクセントがくるので
マル「カー」ト となるわけです。
「smorzando」もズモル「ツァ」ンドですね。
「s」が「ズ」になってるけど…
あと「za」はここでは「ツァ」になってますけど…
「z」はザ行になる時の方が多いような気がします。
「ズッキーニ」みたいに。

きっとまだ他にも例外はあると思いますが~。
大体はこれでいけるかと~。

8番合格、おめでとうございます♪
今回はほんとにあっという間でしたね!
何かコツを掴んだのかも~。^^

アリアさんへ * by のん
大きい辞書と小さい辞書の2種類しか売ってなかったんですよ~
あとは、フランス語、英語、イタリア語
がセットになっているやつとかで・・・

>ものすごく規則的なので、慣れれば読めるんですよ。

ほぼローマ字読みだから発音記号がないのですね^^
だったらコンパクトタイプのを買おうかな
教えてくれてよかった。ありがとうございます♪

>8番合格、おめでとうございます♪
ありがとうございます。
先生とコラボして弾いてのがよかったのと
なんかベートーベン合ってるって言われたのが
バッハ好きのあたしとしては、ちょっとショックだったので
がむしゃらに練習しました^^;
次もがんばりまーす。

個別記事の管理2010-10-11 (Mon)
前回の続きです。

インベンションとシンフォニア講座1

議事録を書くようにだらだら書き写したので
読みにくいかもしれません。すいません
でもけっこうためになることを言ってるんですよー
また次回に続きますです


【インベンション&シンフォニア】

原点版が(アーティキュレーションがかかれていないのが)
バッハからのメッセージ
それぞれの曲のイメージを自分で探して弾くこと

1.テンポ
・あんまりテンポを早くしない(中くらい)
ピアノが一番響く弾き方を考えて弾かなくてはいけない

・使用されている音符はどの音符が中心にかかれているのか?
16音符なのか?(わりと速めの曲)
4分音符なのか?(ゆったりめの曲)8分音符なのか?

・曲想はどうなのか?
悲しげな曲を速く弾いても悲しげに聞こえない


2.ディナーミクス(強弱) <  >

・音程が上がったり下がったりするということを
(上がっていけばクレッシェンド、下がってくればデクレッションド)
常に考えて弾いてください。

・音程感(時代によって違う)
バッハの時代は絶対的な神と王様への曲が多い
狭い範囲の音の行方を自分の体のなかで感じる
ロマン派はもう少し大げさに自己主張してもよい

・音の階段
音階を階段に見立て、ドからレよりもドからソの方が
階段を上がるのが大変なので
体で大変さを感じながら弾くように

・テーマがたくさんでてきても同じように弾いてはいけない
調も違えば構成も違うので、音の大きさを考えないで、
表情の感じを考える(特にバロック。強弱に幅がないので)

どんな感じなのか?
どんな感じのフォルテなのか?どんなメゾフォルテなのか?
どんな風に弾きたいのか?と
「どんな」という形容詞が言える様に常に考える
その基本が何も書いていないバッハの原典版を勉強することによって
すこしづつ理解できるようになる

フォルテと言っても作曲家の人間性、時代背景によって違う
例えば
シューベルトはとても不幸な人だったので悲しいフォルテになり
どんなに大きくだしてもブラームスとは違うフォルテになる。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 講座
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-10-10 (Sun)
珍しいCDをみつけました。
インベンション&シンフォニアが
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのアンサンブルで聴けるのです
かなりステキなんですよ

各声部を違う楽器で弾いているので
イメージをつかむのにいいのではないかと・・・
ピアノではこんなに延びのある音は出ないけどね^^;
amazonで視聴できます。

バッハ:インヴェンションとパルティータバッハ:インヴェンションとパルティータ
ヤンセン(ジャニーヌ)

ユニバーサル ミュージック クラシック


買うなら輸入版の方がお得です。↓
Inventions & Partita/Johann Sebastian

***************************************
ジャニーヌ・ヤンセン Janine Jansen
1978年1月7日 -オランダ ゾースト生まれ
***************************************

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : CD
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by アリア
わあ、面白いCDがあるんですねえ。
これはほんとイメージが掴みやすいですね。
シンフォニアの練習で、それぞれの声部を取り出してみたり
3つのうちの2つを弾いてみたりするんですけど
それでもどうしても掴みにくい部分って出てきちゃうんです。
ああ、シンフォニアやり始める時に知っていたら~~。(笑)
って、聴くには今からでも全然遅くないですが~。(笑)

アリアさんへ * by のん
こんばんはー
アリアさんは、つい最近卒業しちゃったんでよね♪
シンフォニアに入ったときに、参考にしようと思います^^
あたしは何年か先かもしれないけど(汗)

アリアさんの長調の色のイメージみましたよー
全部をイメージするのってすごいですねー
こうやって日々色々イメージしていくことも
イメージ力を高める訓練になりそうです。
あたしは全然うかばないです。。。訓練しますね♪




個別記事の管理2010-10-09 (Sat)
オープンカレッジで「インベンションとシンフォニア」講座があったので
行ってきました
こういう講義に行きたかったので参加できてうれしかったです。
残念なことに全1回だったんですけど・・・

ピアノ1台の部屋に椅子が並べられていて
だいたい30人ぐらい集まっていました。
周りをみるとみんなネンキの入ったくたびれた楽譜を持っていて
上級者さんたちの集まりに見えました。
がしかし、へこたれず一番前に座りしっかり録音してきました
一部失敗してましたが(汗)

2時間の講義で、大きくわけて
バロックの概要と演奏の解説でした。
月1ぐらいでこういう講座あればいいのになぁ


1)バロック音楽の概要
2)インベンション&シンフォニアの演奏と解説
講師の説明と、各1曲1人が演奏して講師から指導を受けていました。


*****************************************************************
1)バロック音楽の概要

バロック音楽で共通なのは繊細でやわかいイメージ
弾くときは真珠がかたちよく並んでいるのをイメージする
1つ1つの真珠のまるが、聞こえるのをイメージをする
テンポは中くらいの早さ

■音楽視聴(イメージを感じるために)
→ブランデンブルク協奏曲 (2楽章、3楽章)

バッハ/ブランデンブルク協奏曲<全曲>バッハ/ブランデンブルク協奏曲<全曲>
ブリュッヘン(フランス)

ソニーレコード



2)インベンション&シンフォニアの演奏と解説

インベンションの楽譜にはバッハからのメッセージが
書いてあります。

1.作曲の技法を学んでください
(テーマ、対旋律、ソトレッタ、ゼクエンツ、オルガン点)
2.奏法の基本を学んでください
(指の独立、手首のやわらかさ、正しい指使い)
3.カンタービレ
(歌う演奏法)
  レガートやスラーが書いてある楽譜があったら、絶対歌って欲しいということ

・ストレッタ
→テーマが終わらない前に次のテーマがでてくる
非常な緊張感をかもし出すことになる)

・ゼクエンツ
→同じメロディーを高さを変えて何度もでてくる

・オルガン点(オルゲルポルト)
→全音符が続き(バス)主和音に戻る。
オルガンが鳴り響いているんだな、
ものすごい緊張感を持っているんだなと思ってください。

*****************************************************************

ゼクエンツとオルガン点という言葉を始めて聞きました。
ちょっと調べてみたのですが、オルガン点については講師が説明してくれた以外に
ペダルポイントとか教会的な音とか色々あったので
時間があるときに色々調べてみようと思います。


ゼクエンツ
モチーフが1つの声部、あるいは複数の声部に続けて
繰り返し示されることを言います。
モチーフが繰り返されるたびに、その音高が変わって行きます。

俗に「バッハ・ゼエンツ」と呼ばれる典型的なものは、
Contrapunctus9に見られるように、2声部が同じモチーフの掛け合いをし、
他の1声部が別のモチーフを繰り返します。

オルガン・ポイント organ point(英)
 「保続音」の1つで「低続音」ともいわれます。
他の声部の和声に関係なく長くのばされる低音のことです。


*つづきは次回アップしますねー

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 講座
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

* by アリア
わあー、行かれたんですね!
そういえば10月って仰ってましたもんね。
すっかり忘れてました。(^^ゞ

全1回というのがちょっと淋しいですが
すごく勉強になりそうな講座ですね。
真珠がかたちよく並んでいるのをイメージするとは!
そういうのって教わらないと絶対分からないですね。

次回のアップも楽しみにしてま~す♪

* by NY
こんばんは。

とても興味深い講座です。
音大でも社会人向けにこのような講座をたくさん開いてくれるといいのですけどね。

バロコだけに真珠なのですね。ゼクエンツとかオルガン点というのは、初めて聞きました。セクエンツァとかドローン、オルゲンプンクトとかと関係があるのでしょうか。(よくわかりませんが。)

ゼクエンツのところでフーガの技法が例に挙げられていることを考えると、相当な知識のある方向けの講座なのだろうなあと思います。こういうの面白そうですね。

アリアさんへ * by のん
アリアさん、こんばんはー
定員にならない場合は中止って書いてあったので
無事に開講されてよかったです。

>真珠がかたちよく並んでいるのをイメージするとは!
そういうのって教わらないと絶対分からないですね。

そうなんですよ。これが一番印象に残った言葉です。
赤字にしておこうかな(笑)
イメージをダイレクトに印象ずけるために
真珠の写真でも飾ろうかと検討中です♪

終了後のアンケートに是非、またやってください。って
書いておいたので、また講座を開いて欲しいです。。。
次回は演奏解説をUPしますねー
肝心なところが録音されていないことを願いつつ(汗)

NYさんへ * by のん
NYさん、こんばんはー

楽しかったですよ♪
ネットで検索しててたまたま見つけたのです。
2時間ぶっつづけで、そしてきっかり終わったので
さすが大学の講師って感じでした。
ゼクエンツとオルガン点が難しかったけれど
講義は初心者にも比較的わかりやすい内容でした^^

音大の土日とかにこういう講座をもっと開いて欲しいですよね。
講座を受講する人はけっこういると思うんだけどなぁ
何かいいのがないか常にチェックしておこうと思います。

個別記事の管理2010-10-03 (Sun)
すっかり秋めいてきた今日この頃
最近ショパンを聴いています

プレリュードの4番が1ページだけで、
あんまり難しくなさそうなのでちょっと弾いてみました。

なんなく弾けたけど・・・
ただ弾けただけであって、全然綺麗な音じゃないの

この曲の全てはペダリングにかかっているみたい
ペダルを放すマークで放すと
パツって音が切れて汚い音になり、
かといって踏みっぱなしでもダメだし
加減が難しいのね~
なのでペダル踏みの練習に励もうと思います。

ちょっとPVはわけわかんないんですけど
タローのショパンをよく聴いています。
今度は違うピアニストのを聴いてみよかな

Preludes 28Preludes 28
Federico Mompou





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪



Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : YouTube
* Comment : (8) * Trackback : (-) |

* by 私はタワシ
プレリュードの4番ですか。私も昔、この曲弾いてみたことあります。
同じく、短くて、しかもそんなに難しそうに見えなかったので。
でも同じく、きれいに弾けなかったので、早々と放棄してしまいました・・・
ペダルは私も苦手なんですよ。それでもまだ、教会のグランドピアノで練習できてるこroはよかったですが、もっぱら電子ピアノで練習するようになったら、前にも増してひどくなっちゃいました(泣)!

私はタワシさんへ * by のん
おお!タワシさんも試した口だったんですね。

楽譜的には簡単そうででも、ペダルが難しいですよね。
あたしも普段デジピだし、ペダル使う曲もやってないしで
スタジオに入った時に試したんですけど
弾いて愕然としました(笑)
課題曲に飽きた時の息抜きにペダルを踏む練習曲にしてみます♪

あ 私も私も! * by emika
こんにちはー

私もこの曲 弾いてみましたよ^^
いつだったか初心者がショパンを弾くというあの番組で
模範演奏?で弾いてらっしゃいました。
いい曲だなぁと思ったので、
たしかうちに楽譜があったはず・・と本棚をあさったら
あったので、弾いてみたんです(棒弾きですよ)
きれいだけど、ペダルなしじゃもうとてもとても><。

この動画 すごいですねぇ。
どういう意味なんだろう?(考えないでおこう)

emikaさんへ * by のん
おお~emikaさんもお仲間ですね^^
なんか秋にぴったりだな~って思ったんですけど
ペダルって難しいですね><;
他の秋曲をまた探してみます。

>この動画 すごいですねぇ。
>どういう意味なんだろう?(考えないでおこう)

全体的に白いのはいいんですけど
なぜみんなゴロゴロしてる?って感じで
意味不明ですよね(笑)

* by アリア
私は弾いたことないんですけど(笑)
でもペダルはすんごい下手なんです。
先生にも時々呆れられるぐらい。(いやーん)
ペダルってほんと難しいですよね。

のんさんのこの記事で
先日のレッスンで「そこのペダルはもっと浅く!」
と言われたのを、急に思い出しました。
楽譜には何も書いてないので、すっかり忘れてた…
どこだったのか探さなくちゃ。(汗)

白くてゴロゴロ、意表を突かれますね。(笑)

アリアさんへ * by のん
アリアさん、おはようございまーす
ホントペダルって難しいですね。
ピアノを再開してから、初めてペダル曲やった時なんて
腿が筋肉痛になりましたよ(笑)

>先日のレッスンで「そこのペダルはもっと浅く!」
いつも深く踏んではダメなんですね><
この曲も浅めなのかな・・・

>白くてゴロゴロ、意表を突かれますね。(笑)
何度みても意味不明なんですよ(笑)




* by つむじねこ
のんさん、お久しぶりです♪

実は私、プレリュードは1曲も弾いたことなく、聴いたことあるのも「太田胃散」と「雨だれ」だけというピアノ好きにあるまじき状態なのです。

4番、初めて聴きましたが物悲しくてステキな曲ですね。
ショパンイヤーのうちに挑戦してみようかしら・・・でも私もきれいに弾けなさそう・・・(涙)

そうそう、2周年カウント、のんさんの真似をしてみました♪

つむじねこさんへ * by のん
つむじねこさん、お久しぶりです♪
プレリュードけっこういいですよ^^
4番はすごいすてきな曲で、譜面的にもやさしげなんですが
ピアノもペダルも難しいんだなって
再認識した曲でした(笑)

>2周年カウント
おお!ついにカウントダウン開始ですね!
是非是非記念曲を選んでくださいな♪

個別記事の管理2010-10-02 (Sat)
仕事帰りにスタジオ練習してきました

バーナム、スケールを念入りに30分やってから曲練習に入りました。

・Invention15 1回弾く(忘れないように)

・Invention8
まだ暗譜は完全ではありません。
↓のような感じでぐるぐる練習してみました。

①通しで弾く。微妙な箇所は、楽譜をちらみする
②楽譜を見ないで弾く。途絶えたり、間違えたら1小節目にまた戻る
③楽譜を見てとおして弾く
④間違える箇所を練習

②が結構いいです。「また最初から弾くのかよー」
って思って、ちょっとずつ暗譜が進みます(笑)

・ベートーベン ソナタ Op.49-1

ちょいテンポを落として練習。
テンポを落とすことによってすこし安定したかも
左手分散部は和音で伴奏

1ページ目(1小節~) だいぶよくなってきました。 ブレスを心がける
2ページ目(36小節~) オクターブ連打も少しましになりました
3ページ目(71小節目~)の冒頭が難所です。あと1歩かな

・BWV 900:Prelude e-moll
自習曲(2周年記念曲)

結局時間がなくなってあまり練習できず・・・
まだ両手がカタコトで、6小節目がなめらかに弾けません。
今日か明日はこれを重点的に練習したい

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。