個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-05-29 (Sun)
昨日はレッスンでした。
バッハのフーガがやっと通して弾けるになりました。
まだまだたどたどしいですが・・・
今までバッハを弾いてきたなかで一番長い曲なので
ちょっと感動(うふっ)

ちなみに7月の発表会は断念しますと
先生に伝えました。
12月に向けてがんばりますっ


■ハノン:スケール、アルペジオ
・As dur, f moll, Des dur, b moll
→カデンツもテンポで弾くこと

■バーナムピアノテクニック(3)
グループ2
→常に次の音を考えて用意しておくこと

■ツェルニー100番

時間がなくて1~3番だけみてもらいました。
→合格

■バッハ BWV900: e-moll Fuge

先生に右手を弾いてもらってコラボりました。
楽しかったです^^

→テーマ以外の4分音符は切って弾く
→左手が怪しい箇所が多々あるので
左手だけの練習を強化する

・93小節目:16分音符2つ目からの運指
93-2

21234123

・103小節目:トリル
103

ミレミレミレー(沢山いれていい)ミ
と最後のレは伸ばす

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

スポンサーサイト
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by 私はタワシ
発表会見送ったのですね。
のんさんの実力なら7月までにじゅうぶん何とかなったのではないかとも思いますが、12月まで時間をかけてじっくり取り組むのもいい選択です♪

フーガ、やっぱり左手が大変そう・・・
私は左手がほんとに言うことを聴いてくれないのでこういう類の曲は弾く前にもう潔くあきらめます(をゐ)
弾ける人は尊敬の対象です☆

タワシさんへ * by のん
タワシさん、おかえりなさーい

>発表会見送ったのですね。
そうなのですよーまだまだピヨピヨなのであわてて仕上げられないし、
12月もあるのでじっくり取り組みたいとお思います^^

>弾ける人は尊敬の対象です
いや、いや、(ノ´∀`*)
全然弾けてないですよー(汗)
でもちょっとずつ瀕死の左手が強化されてきましたよ。

タワシワールドのフーガきいてみたいな(ボソ)


個別記事の管理2011-05-18 (Wed)
先日のレッスンの時に
「7月にピアノ教室、合同発表会が
あるので、よかったらでませんか?」
と、先生にお誘いいただきました。

「今回はいつもの会場から急遽変更になったので
何部かにわけて行う予定です。なので
小さい子とまざってっていうことはないかもしれません。
(まだわかならいけど)」

「でも終わったばっかりだし何弾こう」と
言ったら、
「今やっているフーガをこの前のプレリュードと
一緒に弾くのはどうですか?
その会場はベーゼンなので、ベーゼンも弾けるし」と・・・

人前で弾く機会が少ないから勉強になるかも?
いや~でもあと2ヶ月しかないし~
・・・結局、少し考えます。とお伝えしました。

うーん。でもやっぱり終わったばっかりだし
12月も大人発表会があるらしいので
お断りしようと思います。(ベーゼンは弾いてみたいけど)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 日々の出来事
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

発表会 * by sa8xn
のんさん、お久しぶりです。
4月に発表会に出られて演奏し、今はバッハのフーガ他を練習されているとの事、頑張っていますね。バッハのフーガ、you tubeなどで聴くと、雰囲気がとてもいい曲だと思います。
発表会・・音楽の勉強になると思いますが、大変かもしれません。
先生に「発表会どうですか?」と尋ねられても、急には答えられないですよね。お仕事やその他のことで、無理のない範囲で、マイペースで頑張られたら良いと思います。




sa8xnさんへ * by のん
sa8xnさん、お久し振りです。

>雰囲気がとてもいい曲だと思います。
そうなんですよー今奮闘中です♪

> 無理のない範囲で、マイペースで頑張られたら良いと思います。
ありがとうございます。
先生もベーゼンだから、よかったらどうですか?
ってきな感じだったので
7月は見送りたいと思います^^


個別記事の管理2011-05-14 (Sat)
今日はレッスンでした。

フーガが両手でなかなかうまくいかなくて
今週はがむしゃらに練習してました。
その甲斐もあって、やっと光がみえてきた感じです。
そしたら、今日先生に「いい感じになってきた」
と褒められました(∀`*ゞ)エヘヘ
次回まで最後のページまで弾けるといいなぁ

■ハノン:スケール、アルペジオ
・As dur, f moll
→アルペジオは3拍子で
次回は、Des dur, b moll も

■バーナムピアノテクニック(3)-2

→和音を弾いたら手首の力を抜くこと

・2-4
二通りの練習をしてくること
①はっきりとゆっくり弾く
②ペダルをつけて滑らかに弾く
バーナム3-2-4

■バッハ BWV900: e-moll Fuge

95小節目~96小節目
ラを保持したまま次のラは打鍵して
96小節目まで保持する
Fuge_95


■ツェルニー100番

時間がなくなったので8番まで見てもらいました。
それぞれポイントになる箇所の説明を聞いて
次回はそこをなおしてくるようにと
先も進めておいてください。ってことでした。
これ1冊終わったら結構な基礎力がつくんではなかろうか^^

和音の宿題をもらいました。
「ツェルニー100-5 の和音が第○和音か書いてくること」
ちょうど和音について教えていただきたかったので
うれしいですっ♪

・1
→ここでしっかりブレスすること
ツェルニー100_1

・2
→次の小節につなげないでブレスする
ツェルニー100_2

・6
→1打目で手首を落とす。次で手首をあげる
ツェルニー100_6

・7
→指をまるく、和音を弾いた後手首の力を抜く
(鍵盤を指の腹でもちあげる感じ)

・8
→出だしのリズム注意
→滑らないでなだらかに弾くこと
ツェルニー100_8


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪


Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

* by みー
のんさん、こんにちは。

「がむしゃらに練習」!なんか、わかります~。、それで、「光が見えてきた」って本当にうれしいですよね~♪ どんどんやる気になって、やりたい曲も増えてきますよね~。
私は余りの出来なさに、最近、モチベーションもダウンして、練習量が減ってたので、やる気をもらったって感じです。ありがとうございます。

ツェルニー、順調そうですね。宿題も楽しそう~♪この調子でがんばってください。 宿題の結果のアップも楽しみにしてます♡

みーさんへ * by のん
みーさん、こんにちは。

>私は余りの出来なさに、最近、モチベーションもダウンして、
>練習量が減ってたので、やる気をもらったって感じです。ありがとうございます。

おお!よかったです。
あたしもなかなか進まなくて
楽譜をじっくりみたり、和音を検証したり
とか色々やってたら、光が見えてきました。
みーさんもがんばってくださいね♪
これからもよろしくお願いします。

光! * by アリア
のんさん、こんにちは。
練習、頑張ってますね!
このフーガ難しそうなのに、頑張ってらしてすごいです~。
先生に褒められると、その後の家での練習にも力が入りません?
最後まで通して弾けるようになるのが楽しみですね。^^

ツェルニーも楽しそうです。
和音の宿題が出るなんて羨ましいなあ。
私もやりたくなってきちゃいました。
レッスンの時間配分を考えると、今はちょっと無理そうですが…。
でもやっぱり独学よりも、見ていただきたいなあ。
独学だと気付けないポイントも結構ありそうですものね。
ハノンが一段落したら… いつか…(笑)

アリアさんへ * by のん
アリアさん、こんにちは

このフーガ(三声箇所以外)は、そんなに難しくないんですよ。
なのに、両手で弾くとうまくいかないくて。
「他の曲にいきます?って先生に言われたらどうしよう!」
とか思って結構ナーバスになってたんですよ(汗)
やっぱり全体的に練習量が少ないんですよね・・・

>先生に褒められると、その後の家での練習にも力が入りません?
そう。そう。あたし褒められるとのびる子なので
一気にのびた感があります(笑)

>和音の宿題が出るなんて羨ましいなあ。
うふふ。前回「先生に言ってもらえばわかるけど
自分ではすぐ思いつかない」と話したらから
宿題をだしてくれたのかもしれません♪

アリアさんのとこでお話した楽譜のレベルですが
バッハのレベル7は、ゴルドベルクだけで
平均律、イギリス組曲、パルティータは、6でした。
7を決めてから、他の曲を割り振った感じですね(笑)

* by 私はタワシ
すごいすごい!
光、見えてきましたか!
光が見えたら、あとはまずは大丈夫な気がします。
やっぱり努力は裏切らないですね。

フーガって聞くともうそれだけで「難しい~」という条件反射が出来上がってしまっている私です。
難しくないフーガなんてこの世に存在するのだろうか、ってくらいに。
当分、聴くだけで満足しようっと(爆)

タワシさんへ * by のん
>光が見えたら、あとはまずは大丈夫な気がします。
あ。タ、タワシさん・・・
光って言っても完成の光じゃなくて、
入り口の扉からもれた光なんですど(汗)
でも引き続きがんばりますね♪

>当分、聴くだけで満足しようっと(爆)
いや、いや、そんなこと言わずに
タワシワールド全開のフーガを聞かせてください^^


個別記事の管理2011-05-07 (Sat)
Fuge (Bash: BWV900e-moll )の
先生が書いてくれた転調箇所の続きを
自分で書いてみました。
はたしてあっているんだろうか・・・

だいたい隣の調に転調するって
以前聞いたことがあるんですけど
いっきに飛んでるところもあるんです(混乱)
その飛んだところから、調は何か調べてみました。

気づいたのは、転調しますよ合図は属七になっているのです。
進行 Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ→属七 てきになっているようですが
はたしてあっているのだろうか・・・

そして左パートをその和音にして
右手パートを合わせて弾く練習をしました。
はたしてあっているんだろうか・・・
手探りしながらまた続けていこうと思います。

もう少し知識があるといいんですけど・・・
楽典や和声の勉強もしないとですけど・・・
(↑ぐだぐだ)
レッスンに組み込むとレッスン時間がなくなってしまうので
別途月1に楽典時間を設けてもらおうか検討しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

楽典だ! * by アリア
のんさん、こんばんは~。
転調って近親調にするんじゃなかったでしたっけ。
元々がe mollだから

 G dur(平行調)
 h moll(属調)
 D dur(属調平行調)
 a moll(下属調)
 C dur(下属調平行調)
 E dur(同主調)

じゃないかと思われます。
(Wikiで調べました! でも間違ってるかも 笑)

V7に行ってから転調というのは
私もイタリア協奏曲の時に思ってたんですよ。
やっぱりそれで合っていたのかも~~。(嬉)

楽典、勉強しなくちゃですね。
やっぱり私も先生に教えていただこうかなあ。
独学ってなかなか進まないですね。(溜息)

アリアさんへ * by のん
あたしもwikiみました^^
先生が書いてくれたところは
C→G→d になっていて
G→dって、飛んでいる気がして・・・
その続きを自分で調べたのは、a→e になっているような・・・
最初のCに行く前は、すでにh転調されているような・・・
(記号で確認)激しく混乱(汗)

>V7に行ってから転調というのは
ここで転調ってとこが全部属七になってたんですよー
これは一般的にみんなそうなのかよくわかならないんですど。
楽典勉強しないとですよね(同じく溜息)




あ、そっか * by アリア
転調したら、その新しい調の近親調に転調するから
転調できる範囲がどんどん変わっていくんですよね。
G dur にとって D dur は属調だし
a moll にとっての e moll も属調だから
それでいいんじゃないかな?

あ、でも先生が書かれてたのは、G→d なんですね。
d moll になっちゃうのかな?(謎だ)

属七の和音は、七の音が転調に便利なんですよね。確か。
C7だとドミソシで、そのソシを使って G dur になるとか
ミソシを使って e moll になるとか。
なんだかパズルみたいですね。(笑)

アリアさんへ * by のん
アリアさん、おはようございます。

>転調できる範囲がどんどん変わっていくんですよね。
そうなんですよー
なので、G→d が混乱なんです。
試しにDで弾いてみたけど、音は合っていませんでした。
たぶん知らないなにかがあるんですよね。きっと(笑)

>属七の和音は、七の音が転調に便利なんですよね。確か。
>C7だとドミソシで、そのソシを使って G dur になるとか
あっそういうことなんですね^^

>なんだかパズルみたいですね。(笑)
難しいけど楽しいですね♪
もっと勉強しないとですけど・・・

個別記事の管理2011-05-02 (Mon)
前回のレッスンで先生にツェルニー100番を薦められたので
始めることにしました。
幼少の頃には、ツェルニーをやっていなかったので
初めてのツェルニーです!!
※詳細はこちら → レッスン記(30回目)

レッスンの帰りに100番を買って
楽譜置き場に立てかけて
夜にやろうと思って、ふと背表紙をみたら
なんか百十番って書いてあるようにみえるけど・・・
・・・( ゚д゚)ハッ! 間違えて買ってたorz
すかさず、ヤマハに電話して交換できるか聞いてみたら
「著作権の関係でお断りしています」
と言われてしまいました(涙)

「先生に100番の110番の違いはあるのか?」と
「交換できませんでした。」メールをしたら、
110番は使ったことないけど、交換できないなら
110番を使ってみますか?と言ってくれました。
でも、せっかくなら普段先生が使用している楽譜がいいので
100番を買いなおしました(笑)

次のレッスンまで10番までやってきてってことなので
1日1ツェルニーはやろうと思います。
昨日から始めたのですが・・・
まぁ、おもしろくはないですよね(汗)
でも、曲が短いし手が楽~

曲が短いし容易であっても
先生が弾いたのとあたしじゃ全然違くて
ダメだしはいっぱいされるはずなので
あまり言われないように、冒頭の説明をよく読んで
しっかりメトロノームに合わせて練習しようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (12) * Trackback : (-) |

110番~ * by Sleeping
はじめまして!(ですよね?笑)
これまでも時々お邪魔していました。読み逃げすみません。

ツェルニー110番と聞いて思わずコメします。
私は昔ツェルニー110番を習っていたようなのですが、実は最近まで自分は100番をやったと思い込んでいたのです。

でもいろんな方のブログで100番の曲の動画を見ても、全く記憶になくて、どうしてだろうと謎で謎で・・・
お友だちが、110番だったのでは?と教えてくれて、どうもそうだったらしいのです!爆爆
110番をアップされる方は全くいないので、相当マイナーなんでしょうね。110番が話題にのぼっただけでも、何だか嬉しいです♪笑

やはり曲は全部違うんですよね?なんでそんな紛らわしいものを作ったんでしょうね~笑笑

Sleepingさんへ * by のん
初めまして♪
ご訪問ありがとうございます。

>やはり曲は全部違うんですよね?なんでそんな紛らわしいものを作ったんでしょうね~笑笑
ですよね~あたしもまさか110番があるなんて思っていなかったので
良く見もしないで購入したんです。
先生が持っていたのより、分厚いし
少しおや?って思ったんですけど(笑)

中身をパラっとみてみたけど
あんまり違いが無いように思えます。
解説には、100番の方が少しだけテクニック要素が強い
って書かれていましたけど
ぶっちゃけほとんど代わらないような気がします(笑)

初めまして♪ * by おにぎり
初めまして。ランキングから来ました。
私も今、レッスンでツェルニー100番曲集をやっています^^
次のレッスンまで10曲やるのですねv-12
1曲は短いですが、すごいです~v-356
110番の存在は知りませんでした。
今度、楽譜を見てみようと思います^^
それにしても、楽譜って交換が出来ないのですねv-406

またお邪魔させてください♪

おにぎりさんへ * by のん
初めまして♪
ご訪問ありがとうございます。
おにぎりさんもツェルニー仲間ですね♪

>1曲は短いですが、すごいです~
なんかよくわかんないけど、言われるがままに・・・(笑)
きっとすぐには合格しないと思います。
バーナムもいつもすぐに合格しないんです(涙)

>110番の存在は知りませんでした。
ホントビックリですよね?
もう何度も背表紙みちゃいましたよ^^;

>またお邪魔させてください♪
あたしも今度お伺いしますね。
よろしくお願いします。



* by NY
こんばんは。

たしかに110番と100番とどちらもありますよね。
でもチェルニーってベトベンの弟子で,1800年代に亡くなってるので,著作権は切れているのでは?というか著作権法という法律自体ないのでは?


NYさんへ * by のん
こんばんはー
そうなんですよ。ちょっとおかしいですよね?
たぶん普通の書店なら
交換はしてもらえる気がします・・・

NYさんは、リトルピシュナ始めたんですよね?
あたしも持っています^^
ハノンとリトルピシュナの併用で
互いの楽譜に足りないところを補えそうですね♪



* by 私はタワシ
チェルニー恐怖症の私ですが、ほかの人が練習している記事を読んだり録音を聴くのは好きなんですよね。というわけで話に加わらせてください。

110番って珍しいですね。
その存在自体も知りませんでしたが、Sleepingさんが昔やったことがあるというのにも驚きました。
チェルニーさん 練習曲トータルするといくつくらい書いているんでしょう?
あんまりありすぎて、うっかり前書いたのと同じ曲を書いちゃったりとかしないのかな?

タワシさんへ * by のん
タワシさん、こんにちは

>チェルニー恐怖症の私ですが、ほかの人が練習している記事を読んだり録音を聴くのは好きなんですよね。

せっかくだから、これを機会にタワシさんも初めてみたら
いかがでしょうか?
子供の頃と違って新たな発見があるかもしれませんよ^^

>あんまりありすぎて、うっかり前書いたのと同じ曲を書いちゃったりとかしないのかな?
ほとんど同じ曲とかあるかもしれませんね(笑)


はじめまして * by みー
初めまして。
私もピアノ再開組で、のんさんとレッスン回数がとても近いので(私は来週が30回目のレッスンです)
、いつも読ませて頂いてます(ご挨拶が遅れてごめんなさい)
子供の頃、ツェルニー100番をみっちりやらされて、挫折しちゃったんですが、大人になるとこの曲では何が求められてるかってわかる(ような気がする(笑))ので、時々つまみ弾きしてます。確かに曲が短いのがいいですよね。

これからもお邪魔させて頂きます♪

みー さんへ * by -
初めまして♪
ご訪問ありがとうございます。

>のんさんとレッスン回数がとても近いので
ほんとですか~^^
あっでも、私は、今の先生に代わってからまた
カウントし始めたので、ちょっと違うかもしれません(汗)

>大人になるとこの曲では何が求められてるかってわかる(ような気がする(笑)
そうなんですよー
私は一度もやったことがないので
とくに嫌悪感もなく、始めることができました。
まだ始めたばかりなので、やさしめなのが
なんともぬるま湯に使っている感じで楽しいです。
でも一回で合格しないと思うので一生懸命やっています(笑)

>これからもお邪魔させて頂きます♪
よろしくお願いします♪

個別記事の管理2011-05-01 (Sun)
昨日はレッスンでした。
なにやら全然フーガが進まず、グダグダでした(涙)

■ハノン:スケール、アルペジオ

・As dur, f moll
→2拍子を頭でカウントすること
次回は、Des dur, b moll も

■バーナムピアノテクニック(3)-2

→1.和音は一番上の音が強調されるようにすること
→2,3 最初の音は蹴り上げる感じでジャンプ
   脱力したまま着地して和音

バーナム(3) 2-2


■バッハ BWV900: e-moll

Fuge

78小節目からどんどん転調していきます。
和音を感じながら弾いていくと
自分が今どこと弾いているかわからなくなることも
なくなります。

BWV900_Fuge77
77小節目は Cで始まって

BWV900_Fuge78
78小節目の終わりでGに転調

転調箇所を先生に書いていただきました。
転調したのは、音が変わるからわかるけど
こうやって即座に何に転調したかって
スラスラ書いちゃう先生ってすごいっ
どのピアノの先生もそうなんだろうけど。。。
あたしももう少し和声の勉強をしないといけないですね(汗)

もう1曲はとりあえず1ページの曲をってことで
ベートベンのバカテル(Op.126-5)を練習して持っていきました。
ちょっと弾いてみたら先生が、

「これ、とりあえずでやってるってだけなら
ツェルニーやったほうが、バカテルより全然勉強になるから
ツェルニー100番やりますか?
他の先生とかは30番とか40番っていう人もいるけど、
私は100番が一番勉強になると思うので、
どの生徒さんにも勧めています(キリッ)」

といきなりツェルニー発言されました(笑)
「やったことないので、いいですよ。」ってことで
次回まで10番までやっていくことになりました。

あとショパンのプレリュードも持って行って
(楽譜だけ)1ページの曲で、4,6,20はどうですか?
ってきいたら、いいと思いますよーとOKがでました。
先生は、雨だれがお好きらしく、プレリュードの話をすると
いつも雨だれを薦められるのですが、今回も薦められました(笑)

でもツェルニーもあることだし・・・
余力があればどれか練習してみようと思います♪

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (6) * Trackback : (-) |

* by emika
こんにちは。

ツェルニー100番
再開したばかりのころ 習ってましたよ~。
半分ちょっとやったかな。
結構キレイな曲もあり、楽しめました^^。

ショパンのプレリュード 楽譜持ってるんですが
弾けそうなのは 胃散のCMのくらいかなぁ~。

* by 私はタワシ
フーガやってるんですね!
難しそう!
もうフーガって言葉を聞いただけでだけで頭の中がごちゃごちゃ混線しそうになってしまう私です。
こういう曲をさらっと弾いてのける人ってすごい!
そして作曲しちゃう人はもっとすごい!!

ツェルニーも始めるのですね。
私はいつも書いているように子供のころのトラウマによりこの手の練習曲を弾く気力がどうしても出ません。
なのでブロともさんたちには「私の分までがんばってね」と言いまくっています。

雨だれは昔弾きました。
あんまり有名すぎて、聴くほうも曲が十分頭に入っているでしょうから、私なんぞは「人前で弾くには怖いなあ」と思ってしまいます(苦笑)。

ツェルニー! * by アリア
のんさん、こんにちはー。
おおっと、いきなりのツェルニー宣言ですねー。
私の友達でピアノの先生をしている人も
ツェルニーをやってると相当力がつくと言ってました。
普段からそういう練習曲系をやってるかどうかというのも
演奏を聴いたら、大体分かってしまうみたいですし。
100番は、30番や40番より勉強になるのですね!
そうなんだー。面白いですねえ。
その辺り、詳しくお聞きしたくなっちゃいます。

私は結局プレリュードの楽譜を注文してしまって
今日家に届きました。
20番、弾いてみたらイイ感じです!
どの曲も短いし、これは先生に見ていただくのではなく
自分の楽しみに練習してみようかな、なんて。
新しい楽譜って、うきうきしますね。(笑)

emikaさんへ * by のん
あっemikaさんもやっていたんですね♪
昨日、間違えて110番買ったのを買いなおしてきました(笑)

>弾けそうなのは 胃散のCMのくらいかなぁ~。
これも先生が薦めていました。
でもどうしても胃腸薬が目に浮かんで弾く気しないんですよね。。。
20番は13小節しかないから、とりあえずこれをやろうかと。
emikaさんも、気が向いたら弾いてみてくださいね^^

タワシさんへ * by のん
フーガっていっても、やさいしめのフーガなんですよー
でも両手で弾くとうまいこといかなくて
テクテクとやっております。5ページあるんだけれど
まだ5ページ目に突入してないんです(汗)

ツェルニーは、昔やってことがないので
嫌悪感はないんです。タワシさんの分までがんばりますね♪

雨だれは、1ページじゃないので(笑)
後回しにしようかと思っています。
やっぱり有名な曲は人前で弾きたくないですよね~
間違えたらすぐわかってしまうし。。。

アリアさんへ * by のん
そうなんですよー
いきなりツェルニー宣言ですよ♪
今のあたしに必要だから薦めてくれたと思うので
更なる基礎力アップのためにがんばりますっ
ベートベンやるためにも必要ですしね。

>100番は、30番や40番より勉強になるのですね!
という先生の見解らしいです。
30、40はやらなくても100番だけはやっておいたほうがいい
って言ってました。
100番を全部やらないかもしれないけど・・・
ちなみにバーナムは全巻(4巻)やるって言ってました。

>20番、弾いてみたらイイ感じです!
あたしも20番にしようかと思っています。
ツェルニーやったら時間切れになるかもしれないので
時間があったらみてもらうことにします^^

先生に発表会であたしけっこう止まってました?
って聞いたら、止まってたっけ?
って言われました(笑)
お心づかいなのかもしれませんが・・・
そんなに止まってなかったのかしら?
まぁ、上手に弾けましたね。とも言われませんでしたけど(汗)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。