個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-07-21 (Sat)
インヴェンションの調判定の答え合わせをしてもらいました。
最終的に持っていったのは

B-dur⇒F-dur⇒g-moll⇒Es-dur
⇒B-dur⇒Es-dur⇒B-dur

正解というか、たとえば和音ベースだけをみると
もっと細かく分かれるけど
大きな枠でみるととか
色々教えてもらったんですけど
ぐるぐるしちゃって(汗)
最終的には

B-dur⇒F-dur(6小節~)⇒B-dur(12小節~)

なんでしょうか?(滝汗)

最初の↓だった場合
B-dur⇒F-dur⇒g-moll⇒Es-dur(⇒c moll)
⇒B-dur⇒Es-dur⇒B-du

そこにEs-durをつけるなら
次は c mollをつけたほうがいいと

そして変化符号が出てきたら調がかわるというのは
いいんだけど、その符号がその調の増2度以上
だったらよいけど、それ以外は装飾音なので
調は変わらないです。

と、私が持っていたミニ楽典を見ながら
教えていただきました。
うーん。難しいですね。
でもこれからも新しい曲を始める前に
自分なりに調判定をして
答え合わせをしていただこうと思います♪

■バーナムピアノテクニック(4)
グループ1

練習するとき、今度は12番から(うしろから)
練習してみてください。


■ツェルニー100番

46、49 ⇒ 合格

50 拍子を123456と数えるのではなくて
123、223か 1、2と数えること
ツェルニー100_50

51 右手を歌わせる練習
左手の4分音符はきちんとのばすこと
ツェルニー100_51

■バッハ BWV785: B-dur Inventionen14

合格
いいじゃないですか。何かありますか?
と言われたので合格だと思いますが
○はつけてくれなかったorz。。。
(でも合格ってことですよね。。。)

■バッハ フランス組曲 BWV814 h moll
Menuet, Trio

メヌエットを少しみていただきました。

メヌエットは、2小節をひとまとまりとして
弾いてください。

フランス組曲3_メヌエット1


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

スポンサーサイト
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

正解ですねー! * by アリア
のんさん、おはようございます。

ええとB durで始まって、6小節目からはF dur
10小節目でg mollになって、小刻みにEs dur、c mollと動いて
12小節目でB durに戻って、18小節目辺りでEs dur
最後にまたB durに戻るって感じでしょうか?
(合ってるかしらーー 汗)

Esの和音はB durではIVの和音だし、F7の和音はV7の和音だし
どこまで細かくとるのかっていうのは難しいですね。
まあ、調が変わらなかったとしても
和音の変化を感じるのは悪いことじゃないとは思うんですが。
(うーん、ほんとかなー?)

こういうのは、きっと場数と慣れもあるんでしょうね。
私ももっとこまめに調判定しなくてはーーー。
のんさんを見習って頑張ります♪

* by のん
アリアさん、こんにちはー

最終的には
↓だと思うんですよ(たぶん)
B-dur⇒F-dur(6小節~)⇒B-dur(12小節~)

>どこまで細かくとるのかっていうのは難しいですね。
>まあ、調が変わらなかったとしても
>和音の変化を感じるのは悪いことじゃないとは思うんですが。

ホント難しいですよね。
和音の変化を感じるのも悪くないと言うか
むしろ感じていたほうがいいですよね♪
もっと勉強しないとです(汗)
コード進行もよくわからないですし。。。

>のんさんを見習って頑張ります♪

おお!
監視が入りましたか(笑)
よろしくお願いします♪



個別記事の管理2012-07-16 (Mon)
インヴェンション14の調分析をしてみました。

なにぶん素人なんで
これで正解がどうなのか微妙なんですけど
臨時記号がでたところが調が変わったということで
調べてみました。

11~12小節にかけてはカデンツでしょうか?
なんかそのあたりがもやっとしました。

B-dur⇒Es-dur⇒B-dur⇒F-dur⇒g-moll⇒Es-dur
⇒B-dur⇒Es-dur⇒B-dur⇒Es-dur⇒B-dur

今週もレッスンなので
答え合わせとそのあたりを聞いてきたいと思います。
ぱっと見て調がわかるくらいには
なっていないとダメですよね。
勉強しなくては!!


wikiで調べました。

B-dur(変ロ長調)
シャルパンティエ:「壮麗で楽しい」
マッテゾン:「非常に気晴らしに富んだ、荘麗な調」

Es-dur(変ホ長調)
シャルパンティエ:「残酷さや厳しさを表す」
マッテゾン:「非常に悲愴な感じを具えている。真面目で、しかも訴えかけるような性質を持つ」

F-dur(ヘ長調)
シャルパンティエ:「荒れ狂ったような雰囲気を持つ。」
マッテゾン:「この世で最も美しい感情を表現することができる。」

g-moll(ト短調)
シャルパンティエ:この調について「厳守で壮麗」
マッテゾン:「真面目さと愛らしさを持ち合わせている最も美しい調」

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

難しいですよねえ * by アリア
のんさん、こんにちは。

調の勉強されててえらいですーー。
私も「調性をもっと感じて」とよく言われるし
やらなくちゃいけないとは分かってるんですが
やろうとしても、やっぱりよく分からなくて。

11~12小節の辺り、私はカデンツとは思ってなかったんですが…
…そもそもカデンツのことも今一つ掴み切れてない私なので
全然信用できない発言でした…(ダメダメ)

あ、のんさんが、どの部分でその調と考えてらっしゃるか
大体の小節数も書いておいて頂けると更にいいかも。
今はピアノの音が出せない時間なのがもどかしいですー。

先生の答が出たら、教えてくださいね。楽しみです!

アリアさんへ * by のん
アリアさん、おはようございます♪

>やろうとしても、やっぱりよく分からなくて。

そうなんですよ。「調を感じて」ってよく言われるのですが
やっぱりよくわからないですよね(汗)
フランス組曲3番のメヌエットもやってみましたが
短調はむずかしく、途中で断念しました。。。

>11~12小節の辺り、私はカデンツとは思ってなかったんですが…

市田氏の解釈と演奏方法に書いてあったんですよ。
(それぞれの節についていの調の説明はなし)
市田氏校訂の楽譜も見ようと思ったんですけど
買ったと思っていたけど
なんかどこにも見当たらないんですよね~
夢だったのかな(笑)

>先生の答が出たら、教えてくださいね。楽しみです!

楽譜に書いたので、今度のレッスンの時に聞いてきますね。
あと調判定の仕方も^^



* by glennmie
のんさん、こんにちは
ブログの方に暖かいコメントをいただきまして、ありがとうございました。

のんさんもアナリーゼ、頑張ってるんですね^^
私も一生懸命に取り組んでいます。
分析は難しいけど、理解が深まるとより楽しく弾けますよね。


余計なお世話かとも思ったのですが、ちょっとだけ。
14番のテーマは3小節目(4小節目の頭)までですよね。
テーマの提示の最中に転調はないと思います。
この長いテーマのベース音はすべてシ♭です。
テーマが鳴っている後ろでずーーーっと主音が響いているの。
そして4小節目からシ♭ーラーソーファと降りてくる。
ここを感じると、この曲がとてもかっこよい!と感動します。
対位法では、主題提示部が終わるまで転調はないんだと思いますよ。
先生のご意見が聞ける次のレッスンが、楽しみですね♪

glennmieさんへ * by のん
glennmieさん、こんばんは

>余計なお世話かとも思ったのですが、ちょっとだけ。

わーい!ありがとうございます♪
そうかそうするともっと単純で
↓って感じでしょうか?

B-dur⇒F-dur⇒g-moll⇒Es-dur
⇒B-dur⇒Es-dur⇒B-dur

なんかどこで転調判断をしていいのかよくわからないです(涙)
でもglennmieさんから教えてもらって
テーマでは転調しないってことがわかりました^^
ありがとうございます。

>先生のご意見が聞ける次のレッスンが、楽しみですね♪

調判定の仕方を教わってきますね♪


個別記事の管理2012-07-15 (Sun)
昨日はレッスンでした。
インベ14がなかなか合格しないです。

「調性をもっと感じること」と
お手本を弾いていただきました♪

そう、ほんとうは譜読みするときに
調の分析もしてから始めたほうがいいと思うんですけど
すぐに調判定ができるわけでもないから
時間がかかるので、端折っています。

ちゃんと先生にはお見通しなんですねー
調のことをまったくムシしているって(汗)

来週もレッスンです。
この連休中に調分析をしてみます。
答えは市田氏の本を参考にしてみます♪



■バーナムピアノテクニック(4)

グループ1_12
1の指をつっぱらないように
バーナム4-1-12


■ツェルニー100番

46 ⇒ 3拍子に乗り切れていないのでもう1回
47~48 ⇒ 合格
49 ⇒ 左手はもっと弱く、右手メロディーを際立たせる

どのくらいまで弱くというのを
音を出して確認してもらったのですが
その音はデジピではでない感じです(涙)

■バッハ BWV785: B-dur Inventionen14

もっと調を感じて
音の高低をはっきりさせること


■ラヴェル / マ・メール・ロア 
Ⅲ 女王の陶器人形トロネット

V 妖精の園


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-07-08 (Sun)
フランチェスコ・トリスターノのリサイタルに行ってきました。
前回は勅使河原さんとの競演で
あれだったのでとても楽しみにしていました。
プログラムにバッハは入っていないけど
スカルラッティは入っていたので

結構色々な内容で初めて聴く曲が多かったし
フレスコバルディのトッカータ第1集の12番と
スカルラッティのソナタ ニ短調 K.141
がよかったです。

がしかし、金曜日で仕事疲れのせいもあり
前半は船を漕ぐくらいに寝てしまいました(滝汗)
あとですねー
ピアノ&エレクトロニクス使用曲いいんですけど
座ってじっくり聴く曲じゃないなーと思いました。
ライブハウスとかで何か飲みながら聴くとかの方が
あっていると思います。
ちょっと疲れちゃって途中で帰ろうかと思ったくらいでした。

期待していたアンコールのバッハはなかったのでがっくりし
帰り道はグールドのパルティータを聴いて帰ったのでありました。。。



【プログラム】2012/6/22

L.ベリオ/セクエンツァ 第4

G.フレスコバルディ/
トッカータ 第2集より 第4番、第9番、第8番
トッカータ 第1集より 第8番、第1番、第11番、第12番

L.フランチェスコーニ/マンボ
F.トリスターノ/マンボ※

F.トリスターノ/Nach Wasser noch Erde※

J.メッシーナ/Radio hat music (世界初演)※

武満 徹/フォー・アウェイ

G.フレスコバルディ(リミックス:J.メッシーナ)/トッカータ 第2集より 第8番※

D.スカルラッティ/
ソナタ ト短調 K.450
ソナタ ト長調 K.13
ソナタ ニ短調 K.141
ソナタ ニ短調 K.32

F.トリスターノ/La Franciscana (世界初演)※

※ピアノ&エレクトロニクス使用曲

Francesco Tristano | J.S. Bach:
Partita No. 1 in B flat major BWV 825 - Allemande | A Take Away Show


Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-07-07 (Sat)
マイスキーのリサイタルの次の日
ロマノフスキーのリサイタルに行ってきました。
さすがに仕事帰りに2連チャンって疲れますよね><

すいません。。。
前半は少しうとうとしてしまいました(汗)
でも大好きなパガニーニの主題による変奏曲は
ちゃんと聴きましたよー
とても繊細な演奏でした♪

前から5列目で真ん中あたりの良い席だったのですが
音的にはいいんですけど
手元がまったく見えなませんでした(涙)



ハイドン: ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob XVI-52 
ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲 Op.35 第1巻・第2巻
ラフマニノフ: 練習曲「音の絵」Op.39 より
      第1曲ハ短調、第2曲イ短調、第3曲嬰へ短調、第5曲変ホ短調「アパッショナート」
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調 Op.36(1931年改訂版)
 

アンコール
ショパン ノクターン第20番遺作
スクリャービン エチュードop.8-12「悲愴」
バッハ/ユシュケヴィチ 管弦楽組曲第2番より「バディネリ」

ALEXANDER ROMANOVSKY Brahms Paganini Variations Book I


Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-07-06 (Fri)
ミッシャ・マイスキーの無伴奏チェロ組曲プログラムに
行ってきました。

ずっと生で彼のバッハの演奏を聴きたかったので
どしゃぶりの中でも苦になりませんでしたよー

彼はとてもおしゃれさんらしく
衣装を何回が着替えて演奏していました。

年月と共に解釈もかわってきたのでしょうか?
彼の無伴奏組曲は昔の演奏と比べて
最近の演奏を聴くと少し早いです。
(昔のゆったりした感じが好きなのですけれども)

でも~演奏は
ただただ、彼の演奏のパッションに圧倒でした!!
とてもすばらしい演奏会でした。

無伴奏を全曲弾いてくれたわけではないけど
アンコールも入れてほぼ全部で
とても満足したリサイタルでした。
もちろんサインもいただきました


【プログラム】

J.S.バッハ:
無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV1009
無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008
無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011

アンコール
無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007

1993年
Mischa Maisky plays Bach Cello Suite No.1 in G (full)


2009年


Return

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。