個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-07-11 (Sun)
とくにあまり代わり映えしないような内容ですが・・・
ベートーベン弾いてて、スケールって大事だなって
つくづく感じます。

あと和音の勉強もしないと・・・
「ここは転調してますけど、何調でしょう?」
という宿題をもらいました
(こういうことも教えていただけてうれしいです♪)

家に生ピがあって弾く時間がいっぱいあればいいんですけど・・・
お盆休みはないので、8月末頃夏休みをとって
また毎日ピアノを練習しようと思います。

■スケール ニ長調・ロ短調、イ長調、嬰ヘ短調

・ニ長調、ロ短調
は、4オクターブで練習していきました。
スケールの下りの時に右手の親指がどうしても
「ガクン」ってなってしまうので
また親指の弾き方を伝授してもらいました。

→親指をくぐらせるときは、
次の音への橋渡し程度と考え、鍵盤の端で弾くこと

・イ長調、嬰ヘ短調

嬰ヘ短調の旋律的短音階むずかしいですね~
→次回は4オクターブで


■バーナム:グループ3

3-12で和音の展開形のレクチャーをしていだきました。
とってもうれしかったのですが、ちょっとむずかったです^^;
和音の本を読まなければ・・・

6まで合格
→今度は3-12から練習してみてはどうですか?
だいたいみんな最初から練習してくるから
最初だけ一生懸命みたい(笑)

■インベンション15

合格っていう言葉は聞けないんですけど・・・
一応OKってことでしょうか(汗)

→もう少し楽しんでもいいし、次行ってもいいし~
あとは、8小節目~10小節目までは和音を感じて弾くこと

■ベートーベン:ソナタ Op.49-1

2ページまで譜読みしたのですが
1ページだけ弾いて、(残り時間も少なかったし)
しっかり切るところ、しっかりつなげるところの
部分練習をしてもらいました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。