個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-05-07 (Sat)
Fuge (Bash: BWV900e-moll )の
先生が書いてくれた転調箇所の続きを
自分で書いてみました。
はたしてあっているんだろうか・・・

だいたい隣の調に転調するって
以前聞いたことがあるんですけど
いっきに飛んでるところもあるんです(混乱)
その飛んだところから、調は何か調べてみました。

気づいたのは、転調しますよ合図は属七になっているのです。
進行 Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ→属七 てきになっているようですが
はたしてあっているのだろうか・・・

そして左パートをその和音にして
右手パートを合わせて弾く練習をしました。
はたしてあっているんだろうか・・・
手探りしながらまた続けていこうと思います。

もう少し知識があるといいんですけど・・・
楽典や和声の勉強もしないとですけど・・・
(↑ぐだぐだ)
レッスンに組み込むとレッスン時間がなくなってしまうので
別途月1に楽典時間を設けてもらおうか検討しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

楽典だ! * by アリア
のんさん、こんばんは~。
転調って近親調にするんじゃなかったでしたっけ。
元々がe mollだから

 G dur(平行調)
 h moll(属調)
 D dur(属調平行調)
 a moll(下属調)
 C dur(下属調平行調)
 E dur(同主調)

じゃないかと思われます。
(Wikiで調べました! でも間違ってるかも 笑)

V7に行ってから転調というのは
私もイタリア協奏曲の時に思ってたんですよ。
やっぱりそれで合っていたのかも~~。(嬉)

楽典、勉強しなくちゃですね。
やっぱり私も先生に教えていただこうかなあ。
独学ってなかなか進まないですね。(溜息)

アリアさんへ * by のん
あたしもwikiみました^^
先生が書いてくれたところは
C→G→d になっていて
G→dって、飛んでいる気がして・・・
その続きを自分で調べたのは、a→e になっているような・・・
最初のCに行く前は、すでにh転調されているような・・・
(記号で確認)激しく混乱(汗)

>V7に行ってから転調というのは
ここで転調ってとこが全部属七になってたんですよー
これは一般的にみんなそうなのかよくわかならないんですど。
楽典勉強しないとですよね(同じく溜息)




あ、そっか * by アリア
転調したら、その新しい調の近親調に転調するから
転調できる範囲がどんどん変わっていくんですよね。
G dur にとって D dur は属調だし
a moll にとっての e moll も属調だから
それでいいんじゃないかな?

あ、でも先生が書かれてたのは、G→d なんですね。
d moll になっちゃうのかな?(謎だ)

属七の和音は、七の音が転調に便利なんですよね。確か。
C7だとドミソシで、そのソシを使って G dur になるとか
ミソシを使って e moll になるとか。
なんだかパズルみたいですね。(笑)

アリアさんへ * by のん
アリアさん、おはようございます。

>転調できる範囲がどんどん変わっていくんですよね。
そうなんですよー
なので、G→d が混乱なんです。
試しにDで弾いてみたけど、音は合っていませんでした。
たぶん知らないなにかがあるんですよね。きっと(笑)

>属七の和音は、七の音が転調に便利なんですよね。確か。
>C7だとドミソシで、そのソシを使って G dur になるとか
あっそういうことなんですね^^

>なんだかパズルみたいですね。(笑)
難しいけど楽しいですね♪
もっと勉強しないとですけど・・・

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。