個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-12-03 (Sat)
念願のフレイ君のソロリサイタルに行ってきましたよー

過去の関連記事
David Fray - Bach Keyboard Concertos
ついに生 DAVID FRAY (ダヴィッド・フレイ) ♪
David Fray モーツァルトの新譜でました♪

残念ながらバッハではなく
モーツァルトとベートーベンで
しかも好きな曲はほとんどないという
プログラムでしたが・・・

私最前列のど真ん中でした^^
で、でもーピアノに隠れて手が全く見えませんでした(涙)

ピアノはスタンウェイ。
椅子は普通の背もたれがある後ろで高さ調整するやつでした。

彼は始終鼻を鳴らして(鼻歌とまではいかないけど)
とてもリラックスして演奏しているようでした。

途中なんどかウトウトしてしまったのですが
つまらないからとかじゃなくて
とても心地よいピアノの音色と演奏で
癒され過ぎちゃったたみたいです

アンコールにやっと生バッハが聴けました。
もう目頭が熱くなりましたよー
最初の1音でパルティータの中の曲だとわかりました。
とても悲しげな
パルティータ第6番 アルマンド
会場が遠かったのですが、来た甲斐がありました。


そ、そして、そして
サイン会があったんですよーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
CDは持っていたので、モーツァルトのDVDを買って
サイン会に臨みました。

結構一人に費やす時間が長くて
名前まで入れてくれた優しいフレイ君でした。
残念なことに英語は勉強していますが
まったく話せないので
すごい勢いで話したいことを頭でグルグルしたんですけど
断念して、横にいたプロモーター(?)の方に
ずうずうしくも通訳してもらいました(笑)

「バッハのリサイタルをする予定はないですか?」って
聞いてもらいました。
するとフレイ君は、
身振りでこの人たちに聞いてください。と
そのプロモーターの方を指していました^^

バッハだけのプログラムってやっぱり入りが悪いからなんでしょうかね?
でもプロモーターの方には、
バッハリサイタルを希望している人がいるって
伝わったからよかったです^^

DVDのジャケットにサインと名前を書いてもらって
たどたどしい英語で
「あなたの弾くバッハがとても好きです」
と言ったら、一瞬バッハって通じなくて
何度かバッハて言ったら(発音難しいですね)
にっこり笑って、サンキューだかありがとーだか
(どっちか忘れた)言ってくれました♪
またソロリサイタルをしてくれるといいですね。

他の日のピアノ協奏曲のコンサートは
都合が悪くていけなかったんですが
ソロリサイタルに行けて本当によかったです。


【プログラム】
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 ニ長調 KV 311
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第15番 ニ長調 作品28 「田園」

モーツァルト:幻想曲 ハ短調 KV 475
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調
            作品53「ヴァルトシュタイン」

アンコール
シューマン:子供の情景より「眠っている子供」「詩人のお話」
J.S.バッハ:パルティータ第6番 アルマンド
シューマン:子供の情景より「見知らぬ国」

david1

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。