個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-01-29 (Sun)
昨日はレッスンでした。
ツェルニーは30番までみていただいたんですけど
合格したのは3つだけでした。
早くも今年の目標が達成できないことが確定しました(汗)
やっぱり1ヶ月6個合格は難しかったかな><


■バーナムピアノテクニック(3)

グループ4 1~12
⇒だいたいいいんだけど
手首をもう少しやわらかくするとか
細かいことをもっと注意してあと1回やってきてください。

・6
1音目ストンと落として弾いたら
素早く次の鍵盤に触れて打鍵。
落とす→移動→次のポジション→打鍵
の繰り返し

B6


■ツェルニー100番

・22~24 ⇒ 合格
・25~30 もう一回

・27 1,2小節目
右手の運指は楽譜の指示通りに
左手レガート。2小節目から、3小節目は
4を残したまま上から31へつなげる
T27

・28 1小節目
右手の1音目はしっかりつかんであとは軽くレガートにする
T28

・29 左手、アクセントをしっかり
T29

・30 次の小節の準備をすぐすること
T30


■バッハ BWV782: g-moll Inventionen11

もう少しゆっくりでいいので
たっぷりと情感をこめて弾くこと

■スラブ舞曲(連弾)

また時間がなくてできなかったんですけど
最初の右手の和音から自分でイヤになるくらい
きたないので、どうしたらいいか先生に相談しました。

「上の音はレガートで
下の音はポン、ポンと触る程度。」

S1

と教えてもらったんですけど・・・
できませんけど(泣)と四苦八苦していたら
下の音は左手で弾いてもいいですよ。と
言ってくれたので、練習してもあまりにあれだったら
左手で弾くことにします(汗)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪


Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by しん
うひゃー沢山ですね!
28とかとっても難しそうです…

スラブ舞曲の右手とか、乱暴に弾く練習もありだと思いますよ! そしたら親指の力を抜く感覚がびょんって分かるかもです:目

しんさんへ * by のん。
そっかー乱暴に弾くなかでの気付きを発見するのですね!
やってみます。ありがとう♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。