個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-20 (Sat)


YouTubeでたまたま見つけたました。
まるでグールド様を彷彿させるようなしぐさで
こんな楽しそうにバッハを弾いている彼に釘付け
すいません・・・ミーハーで(汗)
グールド様ファンの方は必見です♪

わたしもこんな笑顔でピアノを弾いていたいです。
そういえばいつも歯を食いしばっているような・・・

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : YouTube
* Comment : (3) * Trackback : (-) |

カッコイイですね~~ * by みかんぴあの
こんにちは☆グールド好きのみかんぴあのです。
チェンバロ協奏曲4番の一楽章のリハ風景ですね~この調子だと弾き振りされるのかも☆

かっこいいし是非オールで見てみたいです!素敵な動画をありがとうございました!イケメン好きなので超嬉しいです!!


Rascal Gould * by yoshimi
こんにちは。これはDVDのSP映像ですね。このDVDはモンサンジョン監督(グールド、リヒテルやアンデルジェフスキのDVDも製作した人です)が製作しているので、Frayはかなり才能のある人なのだと思います。Frayは”Rascal Gould”と言われているそうです。

Frayのバッハは、フランスのピアニストらしい(というべきかどうかわかりませんが)柔らかく歌うようなところがありますね。
ピアノ版はペライア(チェンバロ版はピノック)で聴いているので、Frayのバッハはロマンティックで新鮮なスタイルに聴こえます。

* by のん
>みかんぴあのさん
お気に召していただいてよかったです♪
是非バッハを弾きに来日してほしいですよねっ
今度来日するみたいですが、ソロコンサートではないので残念です。

>yoshimiさん
グールド、リヒテルのDVDを製作した人と同じ監督なんですね!!DVDも購入しようと思っています♪
ロマンティックさは、そんなに感じませんでしたが
Frayよりも、アレクサンドル・タロー のバッハがかなりロマンティックでした。やはりフランス=ロマンティックって感じなんでしょうかね?バッハは基本グールド様ですけど、最近すっかりフランスが気になる状態になっています。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。