個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-03-10 (Sat)
約一ヶ月ぶりのレッスンです。

連弾がどうにも練習する気が起きず
スラブ舞曲が進まなかったので
とりあえず初見で弾ける
ラヴェルの「眠りの森の美女のパヴァール」
を持っていきました(汗)

連弾の練習にがあまり気が入らないのは
基本的に高音があまり好きではないからっぽい気がします。
そして連弾曲って二人で弾くと楽しいけど
一人で練習するのってつまらないですよね><

とはいえ、ラヴァルのマーメルロアから
1,3,5は、やっておいたほうが良いということなので
帰りに楽譜を購入しました。
日本ライセンス版が売っていて良かったです♪
輸入版は3,000円以上してました。



■バーナムピアノテクニック(3)
グループ5

・4
右手の開きが小さいので思うように弾けないので
コツを教わりました。

①ミ・ド(6度)で弾いて手の形を確認する。
②オクターブをつかむ
③手首からあげる

バーナム3-5-4

・5
左手 2をコンパスの軸のようにして弾く

バーナム3-5-5


■ツェルニー100番

27,29~31,33 ⇒ 合格

・30 ⇒ もう少しテンポをあげてくること


■バッハ BWV774: D-dur Inventionen3

自分が録音した音源を聴いてみて
この曲は今まででいちばん、のっぺり感がひどくて(汗)
どうしていいかちょっとよくわからなかったので
先生に相談しました。


「それを自分で気づくのは大事なことです。
そしてどの曲もそうだけど
拍感、音の高低、調、音型を意識して弾くことが大事です。
特にこの曲はカデンツがたくさんあるので
カデンツはたっぷり、カデンツを感じながら弾いてください。」

・5小節目
左手 強、弱、弱にする。全部同じに弾くと
のっぺりしてしまいます。
インベ3-5

カデンツ
・11小節目
インベ3-11

・23小節目
インベ3-23

・38小節目
インベ3-37

・53小節目
インベ3-53

・58小節目
インベ3-59


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
ランキングに参加しています♪
Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : レッスン記
* Comment : (2) * Trackback : (-) |

* by アリア
のんさん、おはようございます。

いやーん、お近くなら練習にご一緒させて頂くのに!
連弾なんて滅多にやる機会がないから、ぜひぜひですよ。
スラヴ舞曲でもラヴェルでもなんでも来いです。
って、どれも弾けませんけども~~~。(笑)

拍感、音の高低、調、音型、カデンツが大切なのですね。
φ(.. )メモメモ
私のバッハってそういう細かいところが絶対甘いので
もっと意識して練習しないと…
曲の中の調の変化も大切なんだろうなとは思うのですが
結局なんとなく弾いてしまうことが多いので…
反省☆です。

のん * by のん
アリアさん、おはようございます♪

>いやーん、お近くなら練習にご一緒させて頂くのに!

ホントですよー1人だと
まったくもってつまらないんですよ><
しかも高音があまり好きではないことが発覚したし

次の「女王の陶器人形トロネット」も
高音チャカチャカ感がすでにいやな感じが(汗)
でも連弾も上達の糧になるのでなんとかがんばりますね。

>拍感、音の高低、調、音型、カデンツが大切なのですね。

いつも言われてることなんですけど
自分でも気づいて弾けるようになればいいなと思います。
ひどいのっぺりなんですよね(涙)
でも先生にガイドされながら弾いたら
よくなったと言われたので
それを忘れないように練習しなきゃです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。