個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-23 (Tue)
次のレッスンまで時間もあるので
最近練習方法について考えています。

今までどんな練習をしていたかというと
譜読み→先生のポイントに注意しながら練習
ただこれだけでした。
演奏記号に注意して弾いているつもりでしたけど
特に指摘もなかったので、なぁなぁな感じだったかも。

新しい先生に変わって、体験レッスンの時に
インベンションを弾いてみたら(グダグダでしたけど)
「ちゃんと楽譜を見ながら弾けているけど
なんか手先だけで弾いていて腕をつかってないというか
なんていうのかな~」と言われました。
「それって歌で言うと腹から声をだしていない感じですか?」
と聞いてみたら、「そんな感じ」という答えでした。

確かに今までの練習だとそうなんだろうな~と反省。
こうやって言ってくれることは、この先生に習えば上達するかも
と思って今の先生に決めました。
まだ本レッスンは1回しかしていないのですが
ただ楽譜見て弾けるだけじゃなくて
ちゃんと表現できたるように
自分でも練習方法を考えなければいけないなということで・・・


じゃあ何が足りないか?というと
課題はたくさんありますが・・・
ただダラダラ弾くだけではなく
意識を持って練習するっていうことでしょうか?
自分で再認識できるように以下にまとめました。

・基礎練習:スケール、他
ハノンを薦められましたがとりあえず持っていた
「ピアノのテクニック」で様子をみましょうということで・・・
スケールの長音階・短音階で調の勉強にもなります。

・演奏記号に注意して弾くこと
当たり前のことが当たり前にできていないので。

・メトロノームを使って弾くこと
テンポがずれたりするので矯正する。

・レッスンで言われたことに注意して弾く事
これは今まで通りで

・楽典学習:
「わかりやすい楽典」と「和声と楽式のアナリーゼ」
を読んでいます。

・「インベンションとシンフォニーアの解釈と演奏法」を熟読する
解説を理解するまで時間がかかりそうです。
でもバッハ好きとしては攻略したいです。

あとは、美しい音を出して弾く、粒を揃えて弾く
手首をやわらかくして弾く
これが一番大事で難しいですね。

なんか長くなってしまった。
次のレッスンの時に先生にも相談しようと思います。

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 練習方法とか
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。