個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-11-18 (Sun)
本当はオールピアノリサイタルのチケットを買っていたのですが
仕事で行けず、とても高いいい席だったんですけど
ヤフオクでも売れず、結局安値で同僚に売って
別の日のチケットを取り直しました。

別の日に取り直した席は2階席だったのですが
レフト側で丁度ポリーニの背中だったので
手元が少し見えてよかったです♪

彼はとてもリラックスして入ってきて
歌いながら弾いてました^^
まるでリビングで軽く弾いてるような雰囲気で
演奏もとても素晴らしかったです。

若い頃の精密さがないとよく言われていますが
そんなの年をとったら誰でもあることだし
年を重ねることによって、演奏に味がでるということもあるので
重箱をつつくようなことを言うのってどうかなって思います。

ポリーニの演奏はベトソナ3曲でしたが
それでも行ってよかった思います♪

演奏が終わってから、アンコールはなかったのですが
何度もカーテンコールに出てきてくれました。
だいたい演奏開場でサイン会があるときは
CDを買うのですが、今回はサイン会が開催されなかったけど
ポリーニのCDを買って帰りました♪

ベートーヴェン:ピアノソナタ「テンペスト」「ワルトシュタイン」「告別」ベートーヴェン:ピアノソナタ「テンペスト」
「ワルトシュタイン」「告別」

ポリーニ(マウリツィオ)

ユニバーサル ミュージック クラシック





そしてシャリーノについてですが。。。
現代音楽ってよくわかんないです。
それにこのシャリーノの音楽は日本語でいう
音を楽しむということからとてもかけ離れているようでした。

声楽の方から始まったのですが
柳の下で白衣を着た幽霊がウラメシヤーと言っているようでした。
ちょっと待ったら普通になるのかと思っていたんですけど
ずっと不快で寝ることもできず
どうにも我慢できず、2曲目が終わって外にでました(汗)


■プログラム 2012/11/13 サントリーホール

シャリーノ:
謝肉祭 第10番「震えるままに」
第11番「雨の部屋」
第12番「弦のない琴」
[ルツェルン・フェスティバル委嘱作品、日本初演]

ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 op.109
ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111

マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)…(ベートーヴェン・ソナタ)
ダニエレ・ポリーニ(ピアノ)…(*シャリーノ作品)
クラングフォーラム・ウィーン(室内アンサンブル)
シュトゥットガルト・ニュー・ヴォーカル・ソロイスツ(声楽アンサンブル)
ティート・チェッケリーニ(指揮)

Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : コンサート
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。