個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-18 (Sun)
なぜ親指に力が入ってしまうのか?
なぜ手首に力が入ってしまうのか?
と日々悩んでいます。

まず体の構造を知ろうと思って
この本を借りてきました。
読みでがあるので返却期間まで
読み終わりそうにありません。。。
買ったほうがいいかもしれません。

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のことピアニストならだれでも
知っておきたい「からだ」のこと

小野 ひとみ


腕と手だけではなく体全体の骨、関節について
どうイメージして動かせば
体に無理がかからないかなど書かれています。


もちろん一番気になる箇所は腕と手です。
驚いたのが「32個の腕の骨は24個の
手・指の関節とつながっています。」
って手だけで骨ってそんなにあるんですね

手首を硬くする原因はこれだったのか?
っていう箇所は

「手首は(手関節)はそこから動きが起こる起点なのだから
静止しているはずだとイメージしてしまうと、
手首を静止させるために腕の筋肉に力が入ってしまう。
筋感覚を養うためには「関節をイメージする」ことを
習慣づけると良いでしょう。」

特にそんなイメージはしたことないつもりですけど
どこを動かすとどう関節が動くかというのを
意識した方がいいのかもしれませんね。
逆に意識しすぎてカクカクしてしまうかもしれませんが・・・

手首を脱力してと言われても方法が良くわからず
うまくいかないのですが
体のしくみを知ってちょっとずつ
力が抜けて、でもしっかり弾けるように
なればいいな~と思います。
がばんばろう♪


Theme : ピアノ * Genre : 音楽 * Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。